ラーメンの起源

ラーメンの起源

ラーメンとは何だろうか?まず、ラーメンとは何だろうか? ということから考えると、麺に特徴があることにつきる。定義づけすれば、「小麦粉にかん水を加えて練り合わせた後製麺したもの」を使った食べ物といえる。ラーメンは日本独自の食文化であると考えられるが、その理由にラーメン発祥の地の一つである、札幌の「竹家」の初代料理人「王文彩」さんの作った麺料理にはかん水は使用されていなかった。つまり、中国の麺料理には、かん水は使用されておらず、日本人が日本人の口に合うようにアレンジを加えたものがラーメンであるといえ、ラーメンは日本独自の食文化であるのだろう。オンラインカジノはいかがでしょうか?

ramen

ラーメン。実はこれ、中華料理ではないことをご存じの方、いらっしゃいます?うすうす感じている人は結構おありだと思います。ところが、このラーメンの歴史について知っている人は余りいらっしゃらない。というより、実際のところよく解っていないのです。よく解らないが、いつの間にか普及しちゃった、というような感じなのですね。まずラーメンの語源ですが、中国の麺類の一種である拉麺であるといわれていますが、いやそうで無いという人もいます。もう既に、この時点で詳細不明となっています。

ラーメンがいつ頃から登場したのか。1665年、水戸黄門こと徳川光圀が、中国より招いた儒学者・朱舜水の作った「汁そば」を食べたといいます。残念ながら、今の日本のラーメンでは無いでしょう。前述のように、日本的なラーメンは中国に存在しなかったのですから。それに、これは普及しませんでした。しかし、確実に解るのは明治中期頃から横浜で次々と「南京そば」の屋台が開業した頃からのようです。屋台で気軽に食べられる中国風そばと言ったところだったのでしょうね。そして1910年、浅草の「来来軒」が、店舗の中でラーメンを発売しました。

ramen

それから、札幌ラーメンは1923年、「竹家食堂」の創業で始まります。ただし、これは味噌ラーメンではなく、醤油ラーメンがメインだったとか。この竹家食堂は、神戸市で「竹家」として続いているとか。のれん分けですかね。なぜ神戸市に移転しているのかは私は解らない。また、1925年には喜多方で「源来軒」、そして1937年には九州で「南京千両」が開店。

こちらは屋台で、しかも今も屋台で続いているとか。南京千両、すなわち南京占領とかけた名前ですね。1937年ですし。で、この頃から戦中・戦後すぐにかけて京都や高山や和歌山、尾道でラーメン店が次々と開業。いずれも有名なラーメンどころですね。そして、これは有名な話ですが、1955年に札幌の「味の三平」で、大宮守人氏が味噌ラーメンを開発し、これが今の札幌ラーメンにつながります。開発エピソードがよくテレビで特集されますね。また、同じ年に、中野「大勝軒」にて、山岸一雄氏がつけ麺を開発します。その後、東池袋大勝軒で「もりそば」と言う名で大ヒットし、その後数十年にも渡って行列を維持しているとか。ラーメンも良いですが、オンラインカジノを試してみてはいかがでしょうか?

八王子ラーメンの定義

ここまでは、ラーメンそのものの歴史について書いてきた。ここからは、いよいよ我がまち八王子のラーメンについて紹介していこう。全国的にはまだ知られていないが、我がまち八王子には地域に密着した独自のラーメンが長い歴史を踏まえて存在している。何をもって八王子ラーメンとするか、これは諸説わかれるところだが、私達「八麺会」ではここで大胆に「八王子ラーメン」の定義づけをしようと思う。

■醤油ベースのタレ
■表面を油が覆っている
■きざみ玉ねぎを具として用いられている

casino

インスタントラーメンの誕生

1953年に初のインスタントラーメン「日清チキンラーメン」が発売されます。日清食品会長の安藤百福氏による開発です。革命的!お湯を入れたら2分。また、今まで、「支那そば」とか「中華そば」と言われていたラーメンですが、この時に「ラーメン」という呼称が全国的に広まった。では、なんで「日清」はラーメンという名称を使ったのだろう?さらに1971年、日清食品からカップヌードル発売。これも安藤氏による開発品。すごいなあ。そして、92年には日清より「ラ王」が発売。こちらは、「生タイプ麺」という種類だそうです。ラーメンもいいですが、オンラインカジノのポーカーをぜひトライしてみてましょう。

現在、ラーメンはさらに進化中。89年に袋入りの麺、すなわち家で鍋に入れて真面目に作る麺が、カップ麺に抜かれたのですが、今、そのカップ麺の味を、限りなくラーメンの達人の味に近づけようと開発競争が起こっているそうです。カップ麺というと、どうしても安物、代用品みたいな印象ですが、それが払拭される日が来るのか。21世紀、いよいよカップ麺の時代になるのでしょうか!ゴーゴー、ラーメン!なお、ラーメンについて研究し、さらに様々な味を食したい方は、新横浜駅近くにある、ラーメン博物館に行かれるといいでしょう。横浜の町並みを再現してあったりする、一大テーマパーク兼ラーメン8店が貴方を迎えます。