総括として

完成されたラーメンを作るのはumami非常に難しい。何故難しいのかと問われれば、本当にルールがないのである。麺やスープ、トッピングの具材など考えだせばキリがない。しかし考えれば考えるほどに趣深くなるのも事実だ。現時点で店舗が持つ魅力を最大限に活かすことは可能である。ホームページは店舗のキャッチフレーズが良く、あたたかくアットホームな雰囲気を感じさせるものとなっているので、日本で根強い人気を維持している「家系
ラーメン」を探求してみても面白いであろう。さらには情報の補完、また店主の挨拶やお知らせといった重要項目の見せ方に変化を与え、お客さんが欲する情報をすぐに閲覧可能な態勢を整えて強い集客力を見込み、またお客さんに家族感覚を想起させるサービス環境を具備することでめんや麺楽は躍進するだろう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *