店舗案内の営業時間に定休日が表示されていないが、木曜日が定休日と明記されている為に統一しておかなければならない。営業時間や定休日の記載は絶対的な項目である。
メニューにある一つ一つのラーメンにこだわりの解説や、小さくても写真があるとお客さんは選択に悩む時間を短縮できるだろう。トッピングが売りだと窺えるが、キムチが唯一のトッピングだと辛いものが苦手な人に向けての対策が不十分である。トッピングの種類を増やし、それぞれがどのようにスープや麺を引き立てるのか、ここでも解説は非常に重要だ。他のメニューもホームページ上で明示しておく方が良い。一番目を引くことになるヘッダーのラーメンの写真だが、上の文字に隠れていない部分がスープではなくチャーシューや具材であれば、今以上に魅力的なものとなる。